塾の評判よりも、どんな先生に教わっているかが大事

今は相当な割合の人が塾に行って勉強しますよね。私も通っていました。色々と塾の選び方とかが紹介
されていたりしますが、問題なのは塾そのものでは無く、いい先生に教えて貰っているかが大事だと
思うんですよね。

 

有名塾とかにも行ったことがあります。その時に教えて貰っていた先生がそんなでも無かったんですよね。
先生の話とかを友達とかにも聞きましたが、あまりいい先生はいないと言う話でした。逆に先生が一人
しかいないような小さい塾の方が成績上がったりとかありましたから、塾という括りはあまり良い悪いの
判断にはならない気がします。

 

努力なんで無駄だ。とか本末転倒なこという先生もいましたからね。なんで先生やっているのか、
そっちの問題を解明したくなりましたよ。意外と大学生さんに教えて貰った方が良かったりしますから、
先生ってのもセンスみたいなのあるんでしょうね。むしろ全然教えてくれない人の方が成績上がったり
しますから、人間って分からない物です。

 

別に有名進学塾を否定している訳ではありませんが、それが一番と言う訳ではないでしょう。お金の
問題なんかもありますから、無理してでも高い塾にとかいうのも考え物です。親御さんが実際に話して
見て、いい先生か判断できるようにするのが良いと思いますね。それも難しいんですけど。